古今金澤 金沢を古地図で観光アプリ

株式会社 エイブルコンピュータ

金沢市民大絶賛!ついに登場、金沢の古地図アプリ。「歴史都市」金沢の観光には必携なのだ!

h29_02_900px

金沢の今と昔を比較しながらまち歩きが楽しめる無料の地図アプリ

左の写真、何か不自然さを感じませんか?
金沢駅前の別院通りの写真なのですが、橋の欄干があるのに川や用水等は見当たりません。
右側の「古今金澤」の画面で確認するとその謎が解けます。
この場所、江戸時代初期は用水があった場所だということがわかります。
今でも立派な欄干を残しているなんて、金沢の街は素敵ですよね。

「古今金澤」は古地図と現在の地図を表示し、それぞれ同期させることができるスマホアプリ。
古地図の範囲(金沢市旧市街)内であれば、古地図上に現在位置を表示させることもできる。
検索機能も充実しており、藩お抱えの「大工」や「板前」「御畳師」「掃除坊主」というような職業の人達がどのあたりに住んでいたのか地図上に表示することも可能。この他、金沢市のオープンデータになっている坂道や旧町名の標柱の情報なども確認できます。

戦災にあっていない金沢の街は、江戸時代からの道や用水が多く残っています。
路傍の石垣跡、高低差、不自然な道筋なんかを意識しながら、古地図とともにまち歩きすれば、当時の「城下町金澤」の様子を想像できて楽しいですよ。

独自エンジンの開発で不正確な古地図を現在の地図と同期可能に

名前を長押しで活字表示検索画面

工夫が必要だったのは、古地図と現在地図の位置や方角合わせでした。
「古今金澤」で使っている地図は江戸時代のもの。測量技術も現在ほど発達していなかったので、重要なものが大きめに描かれていたり、東が上に向いていたりと、現在の地図とは異なる部分が多いのです。
古地図と現在の地図を重ねたときに生じる位置のズレについては、新たに開発した独自の位置補正エンジンを使って補正しています。補正用のデータについては大学との共同研究により収集したもの。
地図には武士やお寺、そのほか藩から扶持をもらっていた人物名などが「くずし字」で記載されています。その名前の部分を長押しすることで活字表示され、タップするとGoogle検索ができるという便利機能も。
その他のユニークな機能として古地図・現代地図と写真を1カットに収めることができる写真撮影機能があり、撮影した写真は1タップでFacebookとTwitterでのシェアが可能となっています。

金沢を拠点にIT職人集団を自称する株式会社エイブルコンピュータ。
こだわりの強いユニークな製品を生み出しています。
「金沢かがやきブランド認定製品」となったことで、より金沢を楽しんで頂けるようなコンテンツを提供して行きたいと考えています。

会社情報
株式会社 エイブルコンピュータ
所在地:金沢市安江町14-1
TEL:076-214-8759
ホームページ:http://ablecomputer.co.jp/
記載の情報は平成29年10月現在のものです。

«  |  »

▲ページ上へ
Copyright(c) 2014 Kanazawa City All Rights Reserved.