手押し棒鮨大吟撰(鯖)

株式会社舟楽

一本一本、手間と時間をかけて
仕上げた奥ゆかしい旨さ

main_25_04

伝統を受け継ぎ、棒鮨作りに一意専心

大吟撰 鯖加賀百万石の時代より庶民の台所を支えてきた金沢の近江町市場。日本海の旬の幸が一堂に会するこの場所で、魚一筋の血筋を受け継ぎ、「魚の旨さをもっと広めたい」という想いから生まれたのが「手押し棒鮨」である。押し寿司は金沢では祭り寿司ともいわれ、晴れの日のご馳走。それゆえに、手押し棒鮨もまた伝統を大切に、創意工夫を凝らして作られている。「食は文化の基本であり、食材の基本は魚にあり。その美味しい魚で美味しいお鮨を作りたい、食べていただきたい。そんな信念のもと、棒鮨は寿司ではなく、魚に旨いと書いて“鮨”の字の如く、毎日手間を惜しまず真心を込めて押しています」と語る舟楽の田中常務。枠を使わず布巾で巻いて一本一本手で押しながら作るという、まさに金沢ならではの心意気を大切に、昔ながらの作り方に愚直なまでにこだわった名物である。

「おだやかで奥深くやさしい味わい」が金沢ブランド認定の理由

大吟撰 鯖最高級の味わい「季のしらべ 鯖」をもっと求めやすく、人気の「吟撰 鯖」の旨さをより活かして。そんなお客様の要望に応えて生まれたのが、金沢ブランド(現:金沢かがやきブランド)の認定を受けた「大吟撰 鯖」である。特別に吟味した鯖を使い、昆布の旨味がほどよく調和した味わいは、観光客だけでなく市民からも評判は上々。鯖の脂をしつこく感じないように、そして酸味も塩味もほどほどに。そんな金沢らしい「おだやかで奥ゆかしい味」を醸し出すために、「酢の時間、塩の時間、水洗いの時間、寝かせの時間」すべてに絶妙の兼ね合いを究めて仕上げた“絶品の一本”である。「金沢の押し寿司の美味しさの基準は舟楽の手押し棒鮨にある、と多くのお客様から言っていただけるように。さらには舟楽の棒鮨を選んだ方にも、贈られた方にも喜んでいただけるように。これからも“本当に美味しい鮨”作りに日々精進を重ねていきたい」と田中常務は肝に銘じる。

会社情報
株式会社舟楽
所在地:金沢市上近江町24番地1
TEL:076-232-1205
ホームページ:http://www.bouzushi.com
記載の情報は平成26年1月現在のものです。

«  |  »

▲ページ上へ
Copyright(c) 2014 Kanazawa City All Rights Reserved.