新型発泡セラミックス材

株式会社アースエンジニアリング

使いみちに合わせて特化した、
発泡セラミックス材の進化形

新型発泡セラミックス材

欲張りな要望にもしっかり応えた、多孔質セラミックスの新バージョン

発泡セラミックスとは、人工的にスポンジ状の多元的連続貫通気孔構造を造り上げた多孔質セラミックスのこと。この無機質材でありながらも数多くの優れた特長を持ち、幅広い用途に対応できる画期的な製品を、先進的な技術と独創的な発想で開発してきたのが株式会社アースエンジニアリングである。
透水性・保水性・吸音性・断熱性に加え、切断やクギ打ちがしやすく加工性に優れ、使用後は自然に戻しても無害という環境配慮性も申し分ない次世代素材を「もっと用途に特化したものがほしい」という要望を受けて進化させたのが、金沢ブランド(現:金沢かがやきブランド)に認定された新型発泡セラミックス材2タイプである。

営業担当の田中さん

2タイプそれぞれの特長を語る、営業担当の田中さん

ヒートアイランド対策に、さらに水質浄化や気化冷却用に

屋上緑化向けに「もっと軽く薄く強いものを」というニーズに応えて生まれたのが「超微多孔タイプ」。
軽量で丈夫なうえ、施工面の大規模化にも対応でき、施工性も格段に向上した。保水性と断熱性が高く、蒸発作用を併せ持つため「夏涼しく、冬暖かい」を実現するにはうってつけのエコ基盤材として多方面から注目を集めている。
もう一つは「もっと水を通しやすく、空気を通しやすく」というニーズを満たした、水質浄化や気化冷却用途に特化した「超発泡タイプ」。
飽和含水率と気孔率が大幅に向上したため、水質浄化の担体効果や排泥効率、さらには打ち水効果による熱交換効率のアップが期待できる。

 

 

新型発泡セラミックス材

屋根緑化・壁面緑化用に「超微多孔タイプ」。
より薄く、より強く、より軽く、より精度を高く。屋上緑化でヒートアイランド緩和。

新型発泡セラミックス材イメージ

水質浄化用、気化冷却用に「超発泡タイプ」。
より多くの水を溜めこみ、より多くの空気を通す、超発泡タイプを用いた分離方式の循環ろ過水質浄化システム。
超発泡タイプ単体のアクアリウム用ろ材。

会社情報
株式会社アースエンジニアリング
所在地:金沢市鞍月2丁目2番地
TEL:076-268-6424
ホームページ:http://www.earth-eec.co.jp
記載の情報は平成26年1月現在のものです。

«  |  »

▲ページ上へ
Copyright(c) 2014 Kanazawa City All Rights Reserved.